荏原中延

【くわじ】荏原中延からすぐ!アジアン居酒屋でビール片手に満月餃子

今回は荏原中延駅近くの昭和通り商店街にある、「くわじ」に行ってまいりました!

それでは紹介していきます。

「くわじ」とは?

「くわじ」は餃子が名物のアジアン居酒屋です。

荏原中延駅から近く、ラーメンで有名な多賀野を越えてすぐ先、昭和通り商店街沿いに店を構えています。

髭が特徴的な店主とレトロな店内がいい雰囲気のお店です。

店名は店主の本名の一部からとっているようです。

「くわじ」ってどんなお店?

「くわじ」はレトロな外観に店名が書かれた看板が特徴。
扉の上部はガラス張りなので外から店内を覗けます。

外観同様、店内もレトロな作り。落ち着きのある暖色系の照明、ブラウンで統一されています。
店外の看板には立ち呑みと記載されていますが、しっかりイスが用意されています。
テーブルとイスの作りはシンプル。
BGMはアコースティックに聞かせる洋楽。店主のチョイスのようです。

席数10席程度。

この日のスタッフは店主1名体制でした。
賑わう日にはアルバイトもいるようです。




「くわじ」のメニュー

「くわじ」のフードメニューです。手書きがいい味ですね。
名物の満月焼餃子に水餃子・ワンタン。ローストポーク・鶏ナンコツ・焼豚などの肉料理、おつまみ系も。

麺類は担々麺・トムヤム・フォーなど。ハーフサイズも用意されています。
お粥は中華・鶏・肉・トムヤムの4種類。旬菜おつまみも。

お粥は珍しいですね。麺類も普通の居酒屋では出てこない珍しい種類があります。

ドリンクメニューです。
生ビール・ハイボール・サワー。茶割は焼酎でしょうか。
焼酎・梅酒・紹興酒・カシスソーダなど。




普段味わえない珍しい品揃えの「くわじ」!ビール片手に

この日は雨模様。しとしとと雨に晒された昭和通り商店街の一角を、ほの明るい照明で照らす「くわじ」。

以前から気になっていたお店の一つです。
ここを通るたびについつい中を覗いちゃうんですよね。

事前にリサーチをし、独特な風貌の店主がいることと餃子がうまそうだという情報だけポケットにいれ、初めて扉を開けました。

いらっしゃいませと控えめなトーンで迎えてくれた店主。
レトロな店内とおしゃれなBGM、落ち着ける雰囲気で心地いいです。

カウンター席につき「とりあえず生」(500円)を注文。
サントリーのモルツで乾杯!

来る前から注文すると決めていた満月焼餃子5ヶ(500円)を注文。
ネギ焼豚か鶏シュウマイで迷いに迷った挙げ句ネギ焼豚(700円)も追加。

まずは、名物の満月焼き餃子がテーブルへ。
まさに満月。雨模様の夜空に浮かべれば昭和通りを照らしてくれそう。

特性のタレにお酢と辣油をちょい足しして頂きます。

厚めの皮はモチモチ。手延べということで非常に特徴があります。
パンチの聞いたニラ、生姜とにんにくの風味を肉汁が包んで口内に運んでくれます。
タレが和風寄りで上品な味わいです。うまし。

続いてネギ焼豚が到着。おつまみ系で軽めのものを想像していましたが、ガッツリ頂ける品です。

内容は焼豚に刻みネギともやし。
もやし・ねぎと一緒にお肉を頂きましょう。
やわいお肉の食感を感じたと思った瞬間、もやしのシャキッが飛び出てきます。
甘味のある肉に上品かつ濃い口な醤油ベースの味付け、さっぱりとしたもやしと薬味のねぎが調和しており非常においしい品になっています。

二品ともビールとよく合って満足。

余談ですが通行人が店の中を覗く率が高いので、外を眺めていると頻繁に目が合います(笑)
その気持ち、わかります。




「くわじ」の基本情報(アクセス・営業時間など)

店名 くわじ
住所 東京都品川区中延2-16-8
アクセス 東急池上線「荏原中延駅」より徒歩約1分
電話番号
03-3782-1580
営業時間 18:00~1:00
定休日 日曜日
支払い方法 現金のみ
座席数 10席
公式アカウント Instagram
喫煙 全席喫煙可

「くわじ」まとめ

普通の居酒屋では味わえない珍しい品揃えの「くわじ」。
ビール片手に普段と違った料理を楽しめます。

通いたくなるような店の雰囲気、会社帰りに1杯と仕事の疲れを癒やしにきたくなります。