中延

【まるきんラーメン】中延国道沿い、東京ライクなとんこつラーメンを

今回は、「まるきんラーメン」に行ってまいりました!

それでは紹介していきます!

「まるきんラーメン」とは?

「まるきんラーメン」は株式会社まるきんが運営するラーメンチェーンです。
東京を中心に神奈川県も含め7店舗を展開しています。

とんこつラーメンをメインにつけ麺や支那そばを提供。

中延店は中延駅から徒歩3分、第二京浜国道沿いに店を構えています。

「まるきんラーメン」ってどんなお店?

「まるきんラーメン」の外観は、明るい装飾に店名が上部看板にドーン。
近くに行けばすぐに見つけることができます。
店内は他のラーメン屋と比較し広々としており特徴的な作り。
入り口手前と奥の厨房にカウンターがあり、他はテーブル席となっています。

ベビーカーや車椅子でも入れそうですね。
(事前に店舗に確認してください)

カウンターや椅子はライトな色合いの木目調。
照明も白光系なので店内が全体的に明るいです。

席数はカウンター9席、テーブル3卓7席。
客層は、学生やサラリーマンが多いようです。
店員は男性2名体制でした。




「まるきんラーメン」のメニュー

「まるきんラーメン」のメニューです。

定番のとんこつラーメンを中心に、つけ麺・支那そば・醤油ラーメンなどが選べます。
トッピング盛々の「いっさいがっさい」は見た目のインパクトがありますね。

トッピングは定番のチャーシュー・ねぎ・のり・卵など。
辛子明太子がトッピングにあるのは珍しいですね。

サイドメニューは餃子にトッピングを乗せた丼が用意されています。
ドリンクメニューはビールとコーラ。




関東圏王道とんこつは「まるきんラーメン」で決まり?ランチもディナーもお酒の〆も

寒くなってくるとやはり温かいものが食べたい。
更に夜も遅く、あまり食事に時間をかけたくない。

そうなると選択肢はラーメンだ!
ということでこの日のディナーは近場のラーメン屋にすることに。

中延駅目の前のでびっと、荏原町駅前のしなてつが頭を過るも新規開拓したいと思いけり。
そういえば国道沿いにラーメン屋が数店舗あったなと思いいたり、ブラブラ歩いて「まるきんラーメン」にたどり着きました。

扉を開けると一般的なラーメン屋とは違う特徴的な内装に戸惑うも、明るい店内に安心。

メニューを眺めると、まず目に飛び込んでくるのが「いっさいがっさい」のインパクト。
にく!のり!ねぎ!きくらげ!とトッピング盛々のスタイルには目に惹かれるものがあります。

これを食べたい…ただ少食の筆者、いつもこのパターンで注文後、満腹感に押しつぶされる後悔の記憶多々。
ということで大人しく定番の「まるきんラーメン(700円)」と「チビ生(300円)」の食券を購入。

店員さんに食券を手渡しカウンター席へ着席。

まずはビールがテーブルへ。仕事帰りのビールを味わう幸せよ。

その後、数分もしない内にまるきんラーメンが着丼。
提供が非常に早くて驚きました。

内容はチャーシュー・ねぎ・きくらげ・のりに細麺と白いスープ。
王道のとんこつラーメンです。

スープは豚骨の甘みと旨味を活かしたクリーミーな味わい。
本場の博多と比較するとパンチはないですが、関東圏の人には好かれそうな印象です。

7店舗も展開しているのですからむしろ関東圏に好かれる味なのでしょう。
逆に本場の方々には受け入れられないかも?

麺は中太のストレート、やわめで口当たりがいいです。
スルスルと胃の中に収まります。

チャーシューはとろとろ。
スープの甘みとマッチしており、麺にからめても当然おいしいです。
薬味のねぎが比較的多く入っているのは嬉しいポイント。
きくらげはやわめ。個人的にはもう少しコリコリ感が欲しい印象でした。

全体的によくまとまっており、食べやすいとんこつラーメンです。
コンディションがいいときはトッピング盛々の「いっさいがっさい」に挑戦する!…かも。




「まるきんラーメン」の基本情報(アクセス・営業時間など)

店名 まるきんラーメン 中延店
住所 東京都品川区豊町6-24-19
アクセス 東急大井町線・都営浅草線「中延駅」から徒歩3分
電話番号
03-3784-9546
営業時間 11:30~翌4:00
定休日 なし
支払い方法 現金、クレジットカード(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)
座席数 16席(カウンター9席、テーブル3卓7席)
公式HP http://maru-kin.co.jp/
喫煙 全席禁煙
駐車場 なし
備考

「まるきんラーメン」まとめ

「まるきんラーメン」はやさしい味のとんこつラーメン。

朝4時まで営業しているの飲み会後の〆や夜食におすすめです。

提供が早いのでサッと食事を済ませたい方にもいいですよ!