五反田

【嵐丸】五反田のゼンショーラーメンチェーン バランスがいいお味で普段遣いに

今回は、「嵐丸」に行ってまいりました!

それでは紹介していきます。

「嵐丸」とは?

「嵐丸」はゼンショーグループの伝丸が母体になっているラーメンチェーンです。
全国各地に店舗を展開しています。

看板メニューの味噌ラーメンを中心に、期間限定メニューなど豊富な種類のラーメンを取り揃えています。

「嵐丸」ってどんなお店?

「嵐丸」の外観は、木目調の看板に店名、中央には白の背景に「嵐」の赤が目に止まります。
雑居ビルの1階に店を構えます。店頭にメニューがズラリ。

店内は明るい照明で、ウッド調のライトな椅子とテーブルが映えています。

店内に入ると右手に券売機、厨房に向かう通路にカウンター席があります。
更に奥側、厨房を囲むようにカウンター席。4人がけのテーブル席も。

客層は男女のお一人様を中心にサラリーマングループなども。
スタッフは海外の方であろう男女2名体制。




「嵐丸」のメニュー

「嵐丸」のメニューです。
看板メニューの味噌ラーメンは濃厚(730円)・白(690円)・赤(690円)の3種類。
これをベースにトッピングをチョイスします。
ライスや餃子のセット(950円から)も。



「嵐丸」の鶏白湯らーめんはこんな感じ!

週に数度、我を襲うラーメンシンドローム。
この日も、ラーメンが食べたい衝動に駆られ、事前調査もせぬまま五反田の街を徘徊。

五反田駅から近いラーメン屋といえば、まず頭に浮かぶのが東口の一風堂。
しかし、3回程訪れたことがあるので今回は違う店へと決めていました。

一風堂をこえ、最初に目に飛び込んできたラーメン屋が「嵐まる」です。
鳥白湯の文字と写真に心を奪われ入店。

券売機で「まろやか鳥白湯らーめん」(890円)の食券を買い、店内奥のカウンターへ着席。
食券を店員さんに手渡し、ラーメンの到着を待ちます。

他の席にビールが運ばれるのを横目でとらえた筆者は券売機に戻り、いそいそとビール(400円)のボタンを連打。
食券を渡した後、すぐさま運ばれてくるビール。

これがなきゃ始まらんですよ!
ビール飲みたすぎて写真が適当になったけど乾杯!

数分後、鳥白湯ラーメンが着丼。
黄金気味のくすんだスープの白が「これぞ白湯よ」と言わんばかりに胃袋に訴えかけてきます。

具材は、鳥チャーシュー・煮卵・ねぎ・のり・メンマ・ゆずの千切り。
それではさっそくいただきます。

麺はスープが絡みやすい中太ちぢれ麺。
ツルッとしており喉ごしがいいです。
スープはゆずの風味が印象的で、さっぱりとした口当たりの中に、鳥のコクを感じます。
猫舌の方でもすぐに食べられそうな温度です。
個人的には鳥の出汁と濃厚さがもう少し欲しいと感じました。

鳥チャーシューはしっとり系のお肉。
豚チャーシューのような脂身がないので、胃に刺激を与えません。
6枚程度入っていますがあっさり食べられました。
煮卵は中が冷たいのでスープで温めるといいでしょう。
少々薄味です。

メンマは大振りでヤワメンマ。

のりは磯のり?麺・スープとの相性は中々のものです。
具材が多く、終盤でも飽きがこないのはいいですね。

全体を通してバランスが良く、食べやすいラーメンです。
ごちそうさまでした。




「嵐丸」の基本情報(アクセス・営業時間など)

店名 ラーメン専門店 嵐丸 五反田店
住所 〒141-0022
東京都品川区東五反田2-3-2
アクセス JR「五反田駅」から徒歩6分
電話番号
03-3442-4620
営業時間 10:30~24:00
※ラストオーダー 23:30
定休日 年中無休
支払い方法 現金のみ
座席数 18席(カウンター8席、テーブル10席)
公式HP https://www.gmfoods.co.jp/
喫煙 全席禁煙
駐車場 なし

「嵐丸」まとめ

「嵐丸」の鶏白湯ラーメンはさわやかなゆずの風味が印象的で全体的にバランスがいいので、飲みの〆なんかによさそうですね。

看板メニューの味噌ラーメンはお手頃価格なのでランチにもよさそうです。
嵐丸周辺は大崎よりのオフィス街でもあるので、周辺に務める会社員の普段遣いによさそうです。

次回は看板メニューの味噌ラーメンも試したいですね。