旗の台

【SAKANAYA 粋】旗の台で鮮魚!活気ある店内で日本酒と共に

今回は、「SAKANAYA 粋」に行ってまいりました!

それでは紹介していきます。

「SAKANAYA 粋」とは?

「SAKANAYA 粋」は旗の台駅の近くにある、海鮮居酒屋です。

天然の魚と日本酒にこだわっています。

和の高級感を残しつつも、活気ある店内で若者からご高齢まで気軽に楽しめる居酒屋です。

「SAKANAYA 粋」ってどんなお店?

「SAKANAYA 粋」の2階に位置しています。
木製の「粋」の看板が特徴です。

店頭にはメニュー表が鎮座していますので、食べたいものがあるのかチェックしてから入れます。

外階段を上がれば店内入り口です。
店内へは靴を脱いでの入店になります。
ブラウンのテーブルとイスが暖色系の照明に照らされており、和を活かした落ち着いた雰囲気です。

作り物の魚が吊るされておりなんだか可愛らしいです。

BGMは有線でしょうか。
Official髭男dismや尾崎豊などJ-POPが中心です。

客層は老若男女幅広い層に人気のようです。
20時過ぎには満席になっていました。

店員は厨房に男性2名、ホールに女性2名の4名体制でした。




「SAKANAYA 粋」のメニュー

「SAKANAYA 粋」のフードメニューです。
店名が表していますが魚が中心です。

刺身・サラダ・珍味・焼き物・揚げ物。
ご飯物や〆のラーメン、1点勝負のデザートも。

限定メニューは旬の物を取り揃えています。

ドリンクメニューは、ビール・酎ハイ・サワー・カクテル・果実酒・ワイン・ソフトドリンク。一通り揃っていますね。

日替わりのドリンクメニューも。
日本酒の取り揃えが豊富で、どれを頂けばいいか迷ってしまいますね。




旗の台でうまい鮮魚とうまい酒を味わいたいなら「SAKANAYA 粋」!

この日はとにかく生牡蠣を欲しており、笑酒場へ行くかぶちへ行くかと悩んでいました。
しかし、天候に嫌われ雨模様、笑酒場へ行くにはうちからはちと遠いし、ぶちに関してはイベントで不在。

ということで事前にリサーチして近場で生牡蠣が食べられる「SAKANAYA 粋」へ。
存在は知っており以前から気になっていたお店です。

トントントンと鉄骨製の外階段を登り2階の店内へ。
落ち着きのある店内とは裏腹に「いらっしゃいませ~!」と活気ある声が響きます。

いい意味で相反的な様相が小気味いい。

カウンターは埋まっており、お一人様にも関わらずテーブル席へ。
申し訳ない感情を抱きつつも、テーブル席はそれなりに空いていたので胸を撫で下ろしました。

掘りごたつになっているテーブル席に着席し、飲み物をとメニューに目を通します…が、この日はイベントに参加していたこともあり喉がとにかく乾いていたのです。

そうだね、とり生だね。
ということで店員さんに「とりあえず生で」と一声。

すぐさま、お通し(300円)と共に生ビール(480円)が到着。
キリンの一番絞りで乾杯!!

お通しの内容は、しめじ・えのき・エリンギのきのこずくし。
上品で滑らかな油に、主張しない味付けでお通しとして非常に優秀な味付けです。

お通しとビールを味わいつつ、「牡蠣だ、俺は牡蠣を喰らいたいんだ」と牡蠣への渇望丸出しでメニューも見ずに「生牡蠣ありますか!?」と店員さんに聞いちゃう始末。

無事に生牡蠣(2個580円)を注文できたことに安心しながらフードメニューに目を通します。
メニューの文字だけでどれもうまいと想起させるメニューに目から鱗が出たところで生牡蠣到着。

ずっと待っていたよ君のこと。

次の写真はありません。
もう食べちゃいましたから。

レモン絞って「ちゅるん」つってね。
「あの日の悲しみさえ、あの日の苦しみさえ」つってね。
秒でなくなりましたよ。

秒でなくなった牡蠣を惜しみつつ、やはりここはお刺身だろうと3点盛り(980円)を注文。
ついでにあん肝の旨煮(580円)もオーダー。

この時点で店内は満席。
食べるのに夢中で気づきませんでしたが、いつの間にか店内は活気に満ち溢れていました。

数分後、先に来たのはお刺身の盛合せ。
見よ、これが3点盛りだ。

6点ある…!?なんだこれ。
状況がよくわからない。

パニックに陥る中、隣席の女子2人組が「ここの3点盛りって3店じゃないんだよね」って言ったので「あぁ、そうなのか」と思考停止。

とりあえずパクつくことに。
内容は、さわら・しめ鯖・ぶり・真鯛・イワシ・シマアジ(順不同)。

シンプルな言葉で表現するなら「極上」の刺身。
絶対に後悔しない味です。

刺し身に関しては、それぞれ持っている味の表現があると思いますので、味の表現はあえて省きます。
しかし、繰り返しで表現しますが「絶対に後悔しない味」が粋の刺身です。

どれも絶品という言葉が軽々しく聞こえるほどの絶品。
わさびとすりしょうがで頂いています。

続いて、あん肝の旨煮が登場。
絶品刺身の後で大丈夫か~~~?

あ~~~旨い~~~。
口に入れた瞬間にいなくなってぐらい旨く煮てるのですか!?

甘く旨く若干濃い口のあん肝は当然お酒も進ませます。
ビールは既に飲み干していたため、追加の日本酒オーダー。

数分後「鍋島」のグラスが到着。

甘口でスッキリな鍋島。魚に合うよね~。

ん~まだ魚が食べたい。
ということで、しめ鯖を追加注文。

しめ鯖は盛合せに含まれていたんですがこれがもうおいしくて頼まずにはいられませんでした。
ということでシメ鯖登場。

はぁ~~~うまい。
ため息が出るほどうまい。

うまい魚と日本酒に舌鼓。
しめ鯖を完食しさすがに満腹。

非常に満足、来てよかったよ!
ごちそうさまでした。




「SAKANAYA 粋」の基本情報(アクセス・営業時間など)

店名 SAKANAYA 粋
住所 東京都品川区旗の台3-13-5 こづちやビル2F
アクセス 東急大井町線/池上線「旗の台駅」より徒歩1分
電話番号
03-3782-6767
営業時間 17:00~翌2:00
定休日 なし
支払い方法 現金、クレジットカード(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)
座席数 29席(カウンター席、テーブル席)
公式アカウント Twitter
喫煙 全席喫煙可
駐車場 なし
備考 お通し代:300円

「SAKANAYA 粋」まとめ

「SAKANAYA 粋」は男性のグループはもちろん女性の2人組や外国人のグループ、私のようなお一人様(笑)など幅広い客層が気軽に入れるお店です。

仕入れや食材へのこだわりなのか、ここらへんのディナーの相場としては若干高いと感じるかもしれませんが、それを上回る満足度が得られると思います。

ぜひ、足を運んでほしいお店の1つです。